農業機械づくり一筋のオーレックがつくった、畑の健康食品「黒の薩摩青汁」

黒の薩摩青汁 人と食と農をつなぐOREC
HOME 会社案内 プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記 お問い合わせ マイページ
知ってましたか?宝の野菜 開発の原点 黒の薩摩青汁ができるまで お客様の声 Q&A 商品購入
お客様の声
商品に関するお問い合わせはフリーダイヤルで!!0120-417-009 9:00〜18:00(年中無休)
FAX注文書ダウンロード
キャンペーン
黒の薩摩青汁 コラム
SSLショッピングカート
※当ショップでは、安心してお買物をして頂けるショッピングカートシステムを採用しています。
 
 
   
他に何もしていないのに、健診で気になっていた項目が
CからAにこれには本当に驚きました。
 
埼玉県 永堀 篤子さま(取材当時65歳) 埼玉県 永堀 篤子さま(65歳)
今年に入って28年勤めた会社を退職し、現在は着付け教室の講師をしています。『黒の薩摩青汁』は、朝のスッキリを期待して飲み始めました。まずお湯に溶いて飲んでみたら、ほんのりと香ばしさや甘みが感じられて「青汁なのにすごくおいしい!」と感激。それ以来、この青汁を牛乳に溶かして、そこにレモン果汁も加えて毎朝欠かさず飲んでいます。
これを1年続けて健康診断を受けたら、ずっと「要注意」が出ていた数値がぐんと下がり、なんと判定がCからAに!先生も「あれ!?」っと驚いていましたが、なにより私自身がいちばんビックリしました。思い当たるのは『黒の薩摩青汁』を飲み始めたことくらい。あんまりうれしくて、すぐにオーレックさんにお知らせしたほどです。
普段から野菜はしっかりとるように心がけていますが、一日3食の食事だけで充分な量をとるのは、とっても大変です。まだまだやりたいことがいっぱい。いつまでも若々しく元気でいたいから、『黒の薩摩青汁』だけは、もう絶対に手放せません。
 
   
スッキリ・サラサラのために毎日欠かさず飲み始めてから、
農作業で無理しても、体が軽い
 
福岡県 中村 喜久雄さま(取材当時50歳) 福岡県 中村 喜久雄さま(50歳)
親子3代で米や野菜、果物など100種類近い作物を栽培し、近くのスーパーで販売しています。以前は夜の付き合いも多く、結婚当初は54キロだった体重が30代後半にはなんと78キロに。その後、体重がガクンと落ちて病院に行ったら「かなりの重症。即入院!」と宣告されました。でも農作物管理を休むわけにいかず、生活習慣を改めることで入院はまぬがれたのですが、結局ちがう病気で入院することに。退院後、健康にいいと言われるものを片っ端から試して、いまも唯一続けているのが『黒の薩摩青汁』なんですよ。
うちは農家なので毎日しっかり野菜を食べますが、食事だけで必須ミネラルを充分にとるのはほとんど不可能です。でもドロドロをサラサラにするには、ミネラル分が不可欠。だからこそ、この青汁が毎日欠かせないんです。農家は年中無休で、繁忙期は食事の時間も不規則。体への負荷も大きいです。でも、これを飲み始めてから体が軽い。体力勝負の仕事ですから、明日の元気のために、これからも続けていきたいと思ってます。
 
   
外食が多く野菜不足が心配ですが、人間ドックの結果はオールA
この青汁を選んでよかったです。
 
埼玉県 福島 光伸さま(取材当時54歳) 埼玉県 福島 光伸さま(54歳)
仕事柄、付き合いも多く以前は毎晩深夜に帰宅、タバコも1日2〜3箱という不健康な毎日でした。無理がたたったのでしょう。10年前に倒れて、しばらくは入院生活を余儀なくされました。それ以降、健康管理にはずいぶん気を使うようになりましたが、出張も多く、外食することが多いのでどうしても野菜不足が気になります。そこで飲み始めたのが『黒の薩摩青汁』。以前、ケールの青汁を飲んだことがありますが、あまりにマズくて続きませんでした。それに比べて、こちらは断然飲みやすい。外出先ではペットボトルの水に2〜3袋分を溶かして持ち歩いています。また自宅や職場では、ヨーグルトやトマトジュース、コーヒーや紅茶など、いろんな飲み物に溶かして飲んでいます。多少、味は変わりますが、青汁自体にそれほどクセがないので意外と違和感なくいけますよ。
年に1回、人間ドックを受けていますが、おかげさまでいまではオールA。現在の健康を維持するために、これからも毎日欠かさず飲み続けていきたいと思っています。
 
   
朝・晩の習慣にして約1年。溜めこまない体になって、
肌の調子までよくなりました。
 
福岡県 広重 久美子さま(取材当時53歳) 福岡県 広重 久美子さま(53歳)
ずっと以前からトイレのリズムが不規則で、なかなかスッキリ感が得られないのが悩みのタネでした。知人にその話をしたとき「だったらコレいいよ」と勧められたのが『黒の薩摩青汁』。原料がサツマイモの葉や茎と聞いて最初は「?」でしたが、これって栄養豊富で、地元の人しか知らない稀少なお野菜なんでしょう?それを青汁にしちゃうなんてスゴイところに目をつけたなと感心。さっそく試してみると、水やお湯にサッと溶けて、青汁なのに青くささもなく、これはおいしくて飲みやすい!しかも、すぐにスッキリが実感でき、続けるうちに余計なものを溜め込まず、いいリズムで過ごせる体に変わってきたんです。
飲み始めて1年、毎朝のスッキリが習慣になってから、すごく肌の調子もいいんですよ。なにより体が軽く感じられて、体も心もアクティブになれたのがうれしいです。主人はもちろん、嫁、3歳になる孫も「おいしい」と言って喜んで飲んでいます。『黒の薩摩青汁』は、私たち家族の元気とキレイに欠かせない大事なお守りです。
 
   
体の中からスッキリする感じ。
飲むと体がシャキッとして、すごく調子がいいんですよ。
 
福岡県 中村 恵美子さま (取材当時69歳) 福岡県  中村 恵美子さま (69歳)
うちは梨の専業農家ですが、趣味で野菜もつくっているので、いつも朝早くから夜7時くらいまでは農作業に明け暮れています。じつは以前、新聞で”すいおう“に関する記事を読み「そんなにいいものなら!」と苗を買って栽培したことがあるんです。その”すいおう“でつくった青汁なら間違いないと思い、飲み始めたところ、驚いたことに以前にも増して体が軽く感じられるようになったんです。おかげさまで69歳のいまも斜面の梨山を走り回ってます。毎日、自分の畑でとれた旬の野菜をしっかり食べますが、加えて『黒の薩摩青汁』をいただくと、なんだか体がシャキッとするみたい。いまではお風呂上がりの一杯が欠かせない日課となりました。
 
   
いろいろ試してみたけど、
「これは違う」と実感できたのは『黒の薩摩青汁』だけ!
 
福岡県 野田 益男さま・茂子さま(取材当時ともに53歳) 福岡県  野田 益男さま・茂子さま(ともに53歳)
以前はどんなに忙しくても一晩寝ればスッキリしてたのに、50歳を過ぎた頃からだんだん疲れが抜けにくくなって…。それを知った友人にすすめられ、妻と一緒に『黒の薩摩青汁』を飲み始めて3カ月。最初は半信半疑でしたが、1週間しないうちに「あれ?」と感じ、さらに続けるうちに「やっぱりコレだ!」と確信しました。以前は体のリズムが乱れがちで、午前中は何度もトイレに駆け込んでいたのに、いまはその心配がありません。家に20代の息子が3人いて、仕事に家事に大忙しの妻も「最近、朝まで目を覚まさずにグッスリ眠れるようになった」と喜んでます。「続けていくのが楽しみやね」って話しながら、夫婦で毎日お茶がわりに飲んでます。
 
知ってましたか?宝の野菜開発の原点黒の薩摩青汁ができるまで
お客様の声Q&A商品購入コラム会社概要プライバシーポリシー
特定商取引法に基づく表記お問い合わせマイページサイトマップ
黒の薩摩青汁 ご注文はコチラから
FAX注文書ダウンロード
インターネットでのご注文
 
Copyright © OREC.,Ltd All Rights Reserved.